『cirque de soirée』終幕しました そのに

►2015/05/31 01:01 

という訳で解説?というか注釈です。
だいぶ長いので興味無い方はスルーして下さい。




『ピエロのいざない』

cds_pi.jpg

当サーカス一座のピエロは男女の双子のピエロ。
何も話さない、人を笑わせもしない、謎だらけのピエロです。
最初にピエロと思い浮かんだのが、このマッシュルームカットにほぼ裸状態の卑猥なピエロでした。



『物置小屋にて』

cds_mg.jpg

背中がくっついてるシャム双生児ちゃん。DMに使った絵です。
まだ入って日が浅い彼女達。暗い物置小屋で出番を待ち続け少し不満げな表情です。



『司会者の苦悩』

cds_sy.jpg

余命幾ばくも無い司会者は喋る毎に血を吐いて
火吹き男への叶わぬ恋だとか陰でこっそり起こるいじめだとか観客を喰い殺す猛獣だとか
協調性の無い団員達に手を煩わせています。(でもあんまり気にしてない精神)
因みにいじめられてるのは綱渡りの女の子。
いじめてる双子の男の子(おかまちゃん)は空中ブランコ乗り。
綱渡りの仮面の下は痣だらけです。



『フリークス・ショー』

cds_fr.jpg

本人の意思とは裏腹にフリークスの一番手に上り詰めた蛸娘ちゃん。
それも生まれつき耳の無い芳一くんの献身的な愛があったからこそ。
それを二番手に落ちただるま娘ちゃんは快く思ってないみたいです。
画面右手に居る複乳ちゃんは、自分の体で大金が手に入るならどんどん見せて行こう!というクズタイプ。
シルクハットの男の子は実はかなりの歳。
シャム猫ちゃんは二つの頭に一つの体。意思はちゃんと二つあります。



『調教師の愉悦』

cds_cy.jpg

調教師さんは可愛いものが大好きで、
観客席から可愛い女の子を見ると攫って首をはね、犬の胴体とくっつけて人面犬を作ります。
彼女達に芸を仕込んでる時間は調教師さんにとって最高の愉悦。


>> ReadMore
スポンサーサイト

雑記 | Top ▲

『cirque de soirée』終幕しました

►2015/05/31 00:12 

イチカワアスミ、茅野カヤ、川口ヱリーによる
サーカスを描いた三人展
『cirque de soirée』

無事閉幕となりました!
お越し下さった皆様、誠に有り難う御座いました!
可愛いお花や美味しいお菓子を下さった方々も有り難う御座います。

展示はこんな感じでした。

cds_.jpg

(あっパノラマで全体撮れば良かった・・・)

アスミちゃん、カヤちゃんはこんな感じ。(一部分)

cds_ia.jpg

cds_ky.jpg


アスミちゃんは少年達による物憂い気なサーカス
カヤちゃんは動物達による不思議なサーカス
ワタシは見世物小屋感漂う奇々怪々なサーカス

全体的に明るくは無いのに、それぞれ違ったサーカスの世界観が出て
中々に面白い展示だったと思います。


アスミちゃんは学生時代から上手いなと思ってたんですが、
更に上手になってて吃驚です。
たてがみが燃えるライオンの絵は観てて切なくなりました。

カヤちゃんはよくサーカスを題材に絵を描いてるので、やはりお手の物。
ワタシが一番好きなのは頭の無い兎のサーカス。ひょこひょこ動いてる様が可愛い。





ワタシはというと
今回サーカス一座を作るにあたって、キャラクター設定なんてものを作ってみたんですが
思ったより長くなりそうなんで次の記事に続きます。

雑記 | Top ▲

 | Blog Top |